取引開始時に契約書を作成していませんでした。この場合でも債権回収は可能ですか?

契約書を作成していない場合であっても、注文書、請書、納品書、受領書等の取引関係書類は契約成立の根拠となりますし、当事者間で取り交わしたメール等が契約成立の証拠となることがあります。

もっとも、契約書を作成しておくことで、後日の備えとなることは言うまでもありません。

債権回収弁護士サポート

無料法律相談のメールでのご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123(平日:9:00~22:00/土日祝:9:00~19:00)

お問い合わせの総合ページはこちら

債権回収でお悩みの方、債権の回収に力を入れている弁護士にご相談ください。